ニュース
» 2008年06月13日 09時32分 UPDATE

Office製品の議論も:Microsoftが自社従業員用のソーシャルネットワークを配備

Could TownSquareはSharePointのソーシャル化につながるのか?

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK

 Microsoftの従業員のアイデアのテストベッドを提供するOffice Labsチームは、「Enterprise 2.0」ショウの来場者にFacebook風のソーシャルネットワークのスニークプレビューを行った。これは、従業員同士が相互の状況を把握するのを支援するために同社が取り組んでいるプロジェクトである。

 米国Office Labsのプログラムマネジャーを務めるブラム・ペイパーマン氏が6月11日にeWEEKに語ったところによると、このネットワークは「TownSquare」と呼ばれ、Microsoft社内で利用されるが、同社ではこれをSharePointコラボレーションソフトウェアの次期版に搭載される将来機能のベースにする考えだという。

 社内向けソーシャルネットワークというのはやや奇妙な感じがするが、Microsoftのような規模の企業にとってそのメリットは明らかだ。今回のショウに参加したMicrosoftによると、SharePointとのリンクや全面的な連携を提供する数社のソーシャルソフトウェアプロバイダーと提携したという。

 Microsoftが独自にSharePointのソーシャル化を進めた場合、これらのプロバイダーとの関係はどうなるのだろうか。Awareness、WorkLight、Telligentなどのベンダーにとっては気掛かりな点だ。

 ペイパーマン氏によると、TownSquareプロジェクトの発端となったのは、SharePointチームからの要請だったらしい。同チームでは、Facebook News Feedのようなソーシャルネットワーキング型ニュースフィードが企業内でどんなふうに見えるのか知りたかったという。

 今のところ、SharePointの情報はRSSフィードやアラートによって通知される。

 しかし何千人もの従業員がSharePointを利用している企業の場合(Wachoviaの広報担当者は6月11日のプレゼンテーションで、社内で6万人のユーザーがMicrosoft Office SharePoint Servicesを利用していることを明らかにした)、すべてのサイトを網羅して新しいコンテンツをチェックするのは不可能だ。

 ペイパーマン氏によると、Office LabsではすべてのSharePoint情報を1カ所のニュースフィードセンターに集約したという。ユーザーは人々をシステムに登録することができる。例えば、ペイパーマン氏は同僚をTownSquareに登録したという。彼らがSharePointドキュメントを更新したり、Wikiに変更を加えたり、ブログに記事を投稿すると、同氏に通知が来るようになっている。

 ソーシャル機能に関してはFacebookと同様、ペイパーマン氏には同僚の誕生日や昇進に関するニュースも通知されるという。参加者の画像プロファイルも用意されている。

 Office Labsでは、TownSquareを立ち上げて参加を促すために、Microsoft社内のSharePointユーザーを自動的に選び出し、これらのユーザーに関連したあらゆるサイトをインデックス化することにより、ホームページ上で暫定的なコンテンツを提供した。

 例えば、Microsoftのスティーブ・バルマーCEOはTownSquareに登録されていないかもしれないが、SharePointのユーザーであるため、同氏の記念日を祝う同僚の電子メールを受け取る。Facebookと同様、同氏はリンクをクリックしてメールに返事をすることができる。「こういった手段を通じて口コミでTownSquareを社内に広げようと考えたのだ」とペイパーマン氏は説明する。

 MySpaceやFacebookといった本格的なプラットフォームと比べると、TownSquareは基本的な機能しか提供しないが、1月に立ち上げて以来、Wikipediaのような勢いで急激に浸透したという。「現在、8000人以上の従業員がこのネットワークに参加しており、2000人が日常的に利用している」とペイパーマン氏は話す。

 ペイパーマン氏によると、OfficeチームとSharePointチームは、“斬新なアイデア”の機能をMicrosoft Officeアプリケーションに追加するためにOffice Labsによくやって来るという。

 「彼らは魅力的あるいは面白いと思うアイデアを持ってわれわれのチームを訪れ、われわれはその機能を実験するのだ」とペイパーマン氏は話す。

 Office Labsでは、ほかにも「Search Commands」や「Community Clips」といったプロジェクトに取り組んでいる。Search CommandsはOffice 2007のアドインで、ユーザーがWord、ExcelそしてPowerPointのコマンド、オプション、ウィザード、ギャラリーを見つけるのを手助けする。Community Clipsは、Microsoft Office製品のスクリーンキャストを閲覧、共有したり、議論をしたりするためのポータルである。

過去のニュース一覧はこちら

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -