ニュース
» 2008年06月13日 19時54分 UPDATE

トップに肉薄するHP:国内PCサーバ市場は横ばい

ノークリサーチは2007年度の国内PCサーバの出荷状況の調査結果を発表した。

[ITmedia]

 ノークリサーチは6月13日、2007年度の国内PCサーバの出荷状況の調査結果を発表した。前年と比較すると、台数ベースで市場はほぼ横ばい、08年度は約7%増を見込んでいる。

 PCサーバの07年度(07年4月から08年3月)までの台数ベースの出荷実績は55万330台で、対前年比で変化がなかった。前期にあった大型案件が後期なかったこと、新規サーバ需要が全般的に停滞したことの2つが主な要因。ネット系新興企業、大企業のインフラ導入、IDCなどへの需要は安定している。なお、金額ベースでは実質単価が上昇したことで、全体で4.8%増と上向いた。

norkpc.jpg

 台数のシェアはNECがトップを維持したが、日本HPが積極的な販売活動で肉薄している。目立った商談はなかったが、高機能を集約した低価格のエントリサーバ製品が市場をけん引した。

 投資意欲へのマイナス要因となったのが、グローバル経済や内需の低迷、原材料高、円高などのマクロ環境。エントリーサーバが中堅中小企業に行き渡ったこともあり、増設や新規需要の上積みが活発ではなかったという。内部統制など既に設置されたサーバのセキュリティや運用管理などの守備的なITへの投資が、新規需要の増加を抑制した。

norkpc2.jpg

 仮想化やサーバ統合などの需要は、データセンターやネット系企業などのデータ処理量の急増により拡大した。特にラックが好調だった。ブレードサーバも出荷を伸ばしており、対前年比25.9%の5万2662台だったが、サーバ全体市場に占める割合は9.6%にとどまっている。

 調査対象メーカーはNEC、富士通、デル、日本IBM、日本HP、日立製作所、東芝、三菱電機など。

過去のニュース一覧はこちら

オススメ関連記事 -PR-

「手軽に導入できるSAP」を中堅企業に届ける

「SAPはハードルが高い」というイメージが払拭されつつある。長期的な費用を考慮すると、SAPは実は安価と考え、SAP Business All-in-Oneを導入する中堅企業が増えている。SAPが提供する実現機能確認シートに注目だ。一覧をチェックすれば購入前に費用の詳細が分かる。機能追加の際の費用も「見える化」できる。


なぜSAP ERPを導入するのか――女性衣料品通販ピーチ・ジョンの場合

ピーチ・ジョンは、女性向け下着などのカタログ通販で人気を集める。ピーチ・ジョンが、2009年の稼働を目指してSAP ERP導入プロジェクトに取り組んでいる。ネット販売店舗が急拡大し、継ぎ足すように対応してきたシステムをSAPでどう変えていくのか。2007年11月のワコールの完全子会社化に伴い内部統制強化も課題となっている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -