レビュー
» 2008年06月17日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:安定した高品質ネットワーク通信を実現する「帯域制御」のノウハウ

高い通信品質とSLAを効率的に実現し、満足度の高いネットワークを構築するためには帯域制御を行うのが効果的だ。帯域設計のノウハウや帯域制御装置を導入した事例を紹介する(アンリツネットワークス)。

[PR/ITmedia]

 インターネットが浸透し、企業ネットワークでもIP電話やビデオ会議などさまざまなサービスを利用するようになっている今、トラフィック量は増大し続けている。企業においては特に、帯域制御などにより効率的に回線を利用することが重要となる。

 状況に応じた帯域管理を実現し、安定的かつ効率的な環境を実現するのがトラフィックシェーパー「PureFlow GS1シリーズ」だ。同製品は、独自に開発された高精度帯域制御エンジンと柔軟なパケット分類機能を持つ国産の帯域制御装置。通信品質の確保と回線の効率利用を目的とし、安心・安全なネットワーク構築を高いコストパフォーマンスで実現する。

 本ホワイトペーパーでは、PureFlow GS1シリーズを採用した事例とともに、さまざまなコンテンツで溢れる昨今のネットワーク環境での帯域制御装置導入ポイント、および帯域設計のノウハウなどを解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -