ニュース
» 2008年06月17日 09時34分 UPDATE

働くことで変わる選社軸:転職したい企業でネット系が躍進 グーグル2位、MS6位

社会人に転職したい企業を聞いたところ、ネット系や外資系の企業が上位を占めた。学生が選ぶ「就職したい企業」とは異なる結果となった。

[ITmedia]

 総合人材サービスのインテリジェンスは6月16日、同社が運営する転職サービス「DODA」で、25〜34歳のビジネスパーソン5000名を対象に転職したい会社を調査した「DODA 転職人気企業ランキング2008」を発表した。

 転職したい企業の上位には外資系企業やインターネット関連の企業が多くを占めた。グーグルが2位、マイクロソフトが6位とトップ10に入ったほか、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(11位)やゴールドマン・サックス証券(22位)などが上位に並ぶ。楽天は16位、ヤフーは19位、アップルジャパンは27位に入っている。なお、1位はトヨタ自動車、3位はソニーだった。

 日本経済新聞社が学生を対象に2007年の10月〜12月に実施した就職人気企業ランキングでは、グーグルは101位以下だったが、同調査では「新しいことが挑戦できる企業」部門で2位、「技術を磨ける企業」部門で4位となるなど、社会人になってから評価が高くなることが分かった。マイクロソフトは就職ランキングでは90位だが、「技術を磨ける企業」で3位、「新しいことが挑戦できる企業」は10位と同様の傾向が得られた。

 インテリジェンスは、社会人になって接する商品やサービスの幅が広がったことに加え、働くことを通じて業績の安定性や事業の将来性といった軸で企業を評価するようになったことがうかがえるとコメントしている。

 技術職および研究職に就く男女に聞いたランキングでは、自動車、電気機器を中心とした日系大手製造業やIT企業が上位を占めた。10位以内の顔ぶれは総合ランキングとほぼ同じとなったが、「NTTデータ」(11位)、「アイ・ビー・エムビジネスコンサルティング サービス」(17位)、「日本IBM」(26位)などのIT企業が総合ランキングから大きく順位を上げている。

 調査は4月にインターネット経由で、関東や中部、関西に住むビジネスパーソン25歳〜34歳の男女5000人を対象に実施した。

 転職人気企業ランキングは以下の通り。

順位 企業名
1 トヨタ自動車
2 グーグル
3 ソニー
4 松下電器産業
5 資生堂
6 マイクロソフト
7 任天堂
8 フジテレビジョン
9 全日本空輸
10 ホンダ

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -