ニュース
» 2008年06月25日 16時11分 UPDATE

アスクルも活用:ドリーム・アーツ、Web DB製品を単体販売

ドリーム・アーツは大規模企業向けWebデータベース(DB)製品を単体販売すると発表した。

[怒賀新也,ITmedia]

 ドリーム・アーツは6月25日、同社の大規模企業向けWebデータベース(DB)製品を単体販売すると発表した。販売するのは「ひびき Sm@rtDB」。契約書管理や問い合わせ管理など企業の現場でさまざまな情報を管理できる。これまでは企業情報ポータル製品のINSUITE Enterpriseのライセンス購入を前提にしていた。INSUITEに加えて第2の主力に育てる考えだ。

da.jpg 「情報の洪水が現場をむしばんでいる。われわれはソフトウェアによる治水を進める」と話す山本孝昭社長

 単体販売する上で、ユーザー数と、ひびき Sm@rtDBのデータベース単位である「バインダ」によるライセンス体系を設けた。ユーザー数、バインダ数に応じた価格体系にしている。

 ひびき Sm@rtDBの利用が見込まれる企業の業務は、契約書管理や問い合わせ管理、日報、議事録、各種情報共有など同社が「協働・協創系業務」と呼ぶ領域。人事部や総務、営業、商品企画など企業のさまざまな部門で活用できる。会計、在庫管理、販売管理といった基幹系業務以外のすべての業務が当てはまる。

 機能の特徴として、GUIで簡単にDBを作成できる点を挙げられる。ドラッグ&ドロップで部品を組み合わせ、表示項目を指定するだけで実務担当者が短期間でDBを作成できる。プログラミングの知識は不要という。

 同社は「ExcelやAccessで管理していた情報をSm@rtDBに移行するといったニーズがある」。現状はExcelやAccessのデータを自動で取得する機能はないが「今後提供を検討している」と説明している。

 Sm@rtDBのユーザーであるアスクルは、NotesからINSUITEベースのシステムに移行した。そこで、システムリリース申請の管理をSm@rtDBで管理しており、その管理状況の良好さを監査法人から高く評価されているという。

 単体販売するSm@rtDBの価格は、スタートラインセンスパックの2種類。50ユーザー/25バインダ付きが60万円、100ユーザー/25バインダ付が90万円としている。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

Notes | データベース | Excel | 会計 | Ajax | アスクル | EIP | Lotus | 議事録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -