ニュース
» 2008年06月30日 15時39分 UPDATE

5年で2000億円の売上見込み:NEC、通信システム管理ソフトのNetCrackerを買収

NECは、通信サービス事業者向けに運用管理システムを提供する米NetCrackerを買収する。

[ITmedia]

 NECは6月27日、通信サービス事業者向け運用支援ソリューションの米NetCracker Technologyを買収すると発表した。買収規模は約3億ドル。

 米マサチューセッツ州に本拠を置くNetCrackerは、通信事業者向け運用支援システムの開発ならびにシステム構築を手掛ける。Webベースのサービス導入自動化ツールの技術が強みだといい、フランスのFrance Telecomや米Sprint、オーストラリアのTelstraなど、各国の大手通信事業者を主要顧客としている。

necnetcraf.jpg 買収後の事業イメージ

 買収理由について、NECはNetCrackerが保有する通信サービス内容の設定から受注、販売状況までを管理・運用する導入支援システムの領域のソフトウェア開発力やシステム構築能力の高さを挙げている。同社によれば、NGN(次世代ネットワーク)やLTE(Long Term Evolution)など、IPベースのネットワークの普及を受けて、こうしたサービスの運用管理基盤ニーズが高まるという。

 NetCrackerは、NECによる買収後も現在の経営体制および事業体制を継続する。NECは、NetCrackerの既存事業の拡大と関係強化による新規顧客獲得を目指すことで、今後5年間に2000億円の売り上げを見込む。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ