レビュー
» 2008年07月03日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:中堅企業が35年間使い続けた自社システムを止めERPへ移行。その効果と成功要因は

補聴器の主力メーカーであるリオン株式会社は長年利用してきた自社製システムからSAP ERPへと移行。競争力強化のための企業全体の最適化と可視化により自社製システムは実現不可能であった多くの効果を生んでいる(提供:SAPジャパン)。

[PR/ITmedia]

 日本的な中堅企業であるリオン株式会社がSAP ERPを導入検討していた背景には、

◎ 既存自社製基幹システムのメンテナンス要員の不足

◎ システムの拡張を重ねた結果、変更が困難になっていたこと

◎ 経営層へのタイムリーな経営・財務情報の提供の必要性

◎ 現場の業務効率を優先した結果としての部分最適化

など様々な要因や要望があった。

 本文書ではリオン株式会社の事例を通じて自社製システムからSAP ERPパッケージへの移行にあたり製品を選定した具体的理由や成功要因、そして投資対効果について述べている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -