レビュー
» 2008年07月04日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:動き出したSOAのいま

SOA(サービス指向アーキテクチャ)の有用性について解説し、SOAを実践するに当たって課題となるポイントと、その解決法を探る(提供:アイティメディア)。

[PR/ITmedia]

 ビジネス環境の変化は激しく、それにシステムを対応させるためには既存資産をうまく活用する必要がある。また、自社のみならず、パートナー、顧客とのシステム連携も必須だ。「再利用」「統合」というキーワードを考えるとき、SOA(サービス指向アーキテクチャ)を無視することは致命傷につながる可能性がある。

 この電子ブックレットでは、SOAを取り巻く現状を振り返りつつ、従来のシステム構築との違いやSOA実現のためのステップを解説していく。さらに、SOAを実践するために必要な組織や人材とはどのようなものかについても触れる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -