ニュース
» 2008年07月07日 16時47分 UPDATE

メインフレーム向け:日本HPとMS、無停止型ブレードとSQL Serverの連携サービスを提供

異なる業務システムのデータを統合管理するサービスを日本HPとマイクロソフトが提供する。

[ITmedia]

 日本HPとマイクロソフトは7月7日、無停止型ブレードシステム「HP Integrity NonStop NB50000c BladeSystem(NonStop BladeSystem)」と「Microsoft SQL Server 2005」を連携し、業務データをリアルタイムに活用できるサービスを提供すると発表した。

 2社は、統合オペレーショナル・データ・ストア(統合ODS)ソリューション分野で協業する。統合ODSは、異なる業務システムのデータを統合的に活用するデータベース。随時更新されるデータを統合して、単一のデータベースで活用することで、情報をリアルタイムに管理できるようになる。例として、複数のデータベースに格納している商品名、生産地、素材、個体情報、ロット情報などを可視化し、リアルタイムに管理するトレーサビリティ分野などで活用できる。

 統合ODSソリューションは、メインフレームで分散した業務システムを持つ企業に対し、NonStop BladeSystem、HP Integrity NonStopサーバ、SQL Server 2005、Microsoft Office 2007を連携したサービスを提供する。社員は、1つのプラットフォームからデータの分析や経営に必要な情報の管理をしたり、AccessやExcelといったMicrosoft Office製品から情報資産を活用したりできる。利用環境は最大4080CPUまで拡張が可能。

 同サービスは、マイクロソフトが2008年第三四半期に提供を予定しているデータベース製品のSQL Server 2008にも対応する予定という。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -