ニュース
» 2008年07月08日 14時56分 UPDATE

テープ装置にも対応:日本HP、VMwareの仮想環境を利用したデータバックアップサービス

日本HPは、VMwareの仮想環境を利用したデータバックアップサービスの提供を開始すると発表した。

[ITmedia]

 日本HPは7月8日、VMwareの仮想環境を利用したデータバックアップサービスの提供を開始すると発表した。

 仮想環境の普及に伴いデータ保護の必要性が増しているが、仮想環境のデータバックアップでは、仮想サーバからストレージが認識できない、仮想サーバ上でバックアップをとることが高負荷になるなど、確実な手法が見つかっていない。

 同サービスは、仮想サーバにかかる負荷を軽減するほか、きめ細やかなリカバリ技術を提供する。データ保護ソフトウェア「NetBackup」と仮想マシンをバックアップするためのフレームワーク「VMware Consolidated Backup」(VCB)の連携により、スクリプトを個別に実装せずに単純なバックアップやリストアのジョブとして作業を実行できるなど、管理負荷を減らせる。VMwareの仮想化環境では対応できないテープ装置を用いたバックアップも可能になるという。

 日本HPはサービスの提供にあたり、NetBackupとVCBを、ストレージ「HP StorageWorks EVA」とブレードサーバ「HP BladeSystem」上に構築し、データバックアップの検証を実施。仮想環境下での最適なデータ保護の手法を確立した。

 価格は、「HP BladeSystem c3000」「HP ProLiant BL460c」4個、「HP StorageWorks 4400 Enterprise Virtual Array」「HP StorageWorks SAN スイッチ」2個と、NetBackup 6.5、仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3 Standard」、構築費用を含み、2331万円から。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -