ニュース
» 2008年07月11日 07時55分 UPDATE

7種類の調査:APC Japan、データセンター調査サービスの提供を発表

エーピーシー・ジャパンは、データセンターのサーバルームの運用管理を最適化するアセスメントサービスの提供を日本で開始すると発表した。開始日は未定。

[ITmedia]

 エーピーシー・ジャパンは7月10日、データセンターのサーバルームの運用管理を最適化するアセスメントサービスを日本で提供すると発表した。サービスの開始日は未定という。

 データセンターの物理インフラを文書化して分析し、容量と可用性を拡大する方法を立案する「データセンター電源・空調アセスメントサービス」、気流の流れや温度のパターンを分析する「データセンター空調解析」、デジタル赤外線サーモグラフィを利用し、ホットスポットを監視する「データセンター分布アセスメント」など7種類のメニューを用意する。

 サービス開始当初は、7種類のサービスのうち1〜2種類の提供から始めるという。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -