レビュー
» 2008年07月14日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:サーバーなどの仮想化導入に忘れてはいけない「管理の複雑さ」を解消

データセンターの仮想化では、コストの削減だけでなく、効率的かつ刻々と変化する要件にも柔軟に対応できる仮想環境を構築することが重要。そのためのノウハウを指南する(提供:シマンテック)。

[PR/ITmedia]

 仮想化技術の導入に当たっては、物理環境は簡略化できるが管理はより複雑になることに注意しなければならない。複雑な管理を楽にする管理ツールは環境ごとに合わせて設計されるため、異機種が混在する物理環境や仮想環境向けに設計された管理ツールを使用しないと、組織によっては仮想化による効率化の実現に時間がかかることがある。

 では、仮想環境を取り入れた混在環境で全体を可視化する管理を実現し、高可用性(HA)やディザスタリカバリ(DR)の効率化を図るためにはどうすればよいのか。コストを抑え、かつ効果的なHA/DRを実現するための仮想化環境構築について解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -