レビュー
» 2008年07月15日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:専修大学事例 アクセス集中時でも安定稼動するWebシステム構築の秘訣とは

2007年秋、専修大学は、全学生約2万人6千科目以上で利用する新しいWeb授業支援システムの稼動を開始。特定の時間に学生からのアクセスが集中しても、安定稼動するシステムを構築できた理由とは? (提供:マクニカネットワークス)

[PR/ITmedia]

 約2万人の学生が在籍する専修大学は、ITを活用した授業をより多くの科目で取り入れるため、2007年秋より新しいWeb授業支援システム(授業やリポート提出などの機能が統合されたeラーニングシステム)を導入することを決めた。

 新しいWeb授業支援システムは全教科を対象とするため、旧システムと比べて大幅なパフォーマンス向上が必要となった。さらに、同時アクセス最大500人まで対応可能な安定稼働するシステムの設計も求められた。複数のサーバを設置して負荷分散を行うことは必須要件となり、負荷分散時のWebアプリケーションとクライアントの接続維持、サーバに負荷をかけない通信セキュリティ確保も必要だった。

 これらの要件に対応できたのが、米Citrix Systemsが提供するアプリケーションスイッチ「Citrix NetScaler」だ。製品選定のポイントと導入効果を専修大学の事例から学ぶ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -