ニュース
» 2008年07月15日 07時55分 UPDATE

1000台を一括管理:PFU、定型作業を登録できるネットワークスキャナの新版

読み取ったデータのメール送信や印刷といった工程を登録し、1度にできるようにする機能を備えたネットワークスキャナの新モデルをPFUが発売した。

[ITmedia]
image

 PFUは7月14日、A4対応ネットワークスキャナの新モデル「iScanner fi-6010N」を発売した。

 fi-6010Nは、A4の原稿を毎分25枚読み取れるネットワーク対応型のADF(自動給紙機構)スキャナ。読み取った原稿を電子メールで送信したり、ネットワークフォルダに保存したりすることができる。

 新モデルでは、ユーザーの操作を登録する「ジョブ機能」を備えた。読み取ったデータの電子メール送信や印刷、FAXでの送信、ファイルの保存などを定型処理として登録することで、管理負担の削減と誤操作の防止が可能になる。読み取ったデータを電子メールで送信し、ネットワークフォルダにも格納するといった操作を1度にできるようになる。

 多数のスキャナを運用できる集中管理機能も搭載した。最大1000台までのfi-6010Nの環境や設定、アップデートが一括でできるようになり、管理工数を大幅に削減できる。

 価格は31万5000円となる。全世界で1年間に1万5000台の販売を目指す。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

PFU | スキャナ | 運用管理


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -