ニュース
» 2008年07月15日 07時55分 UPDATE

JRuby on Railsを適用:JRubyで帳票システム構築 CTCとウイングアークが協業

2社は「JRuby」を利用した帳票サービスを共同で展開する。

[ITmedia]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とウイングアーク テクノロジーズは、Java仮想マシン上でRubyを実行する「JRuby」を利用した帳票ソリューションを共同で展開すると発表した。

 帳票開発の工数を削減するウイングアーク テクノロジーズの帳票基盤製品「Super VisualFormade」(SVF)による帳票システムの設計や開発、構築に、JRubyによるWebアプリケーション開発フレームワーク「JRuby on Rails」を適用する。SVFのJava APIをJRubyから利用できるようになり、企業向けの帳票出力システムを短期間で構築できるようになるという。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ