ニュース
» 2008年07月15日 16時31分 UPDATE

持ち出しPCのデータ保護:エージーテック、ファイル管理のASPサービスを開始

エージーテックは、保管されているファイルをインターネット経由で安全に利用できるサービスを始めた。

[ITmedia]

 エージーテックは7月15日、アステックインタナショナルが開発した持ち出しPC向けのセキュリティ対策サービス「セキュリティコンパクト」をASP(ソフトの期間貸し)方式で開始した。

 同サービスは、持ち出し用途などPCをインターネット経由でASPのデータセンターに接続する。PC上のファイルをドラッグ&ドロップで専用フォルダに登録するだけで自動的に暗号化し、復号鍵サーバに格納する。PCで該当するファイルを開く際に、サーバ認証を経てから復号鍵が取得する。アクセス情報が記録されるため、PC盗難などの事故が発生した場合でも、原因究明に役立てられるという。

 利用料金は、管理者アカウントと3ユーザー分の半年間ライセンスがセットにした場合で4万5000円となっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

ASP | ファイル管理 | セキュリティ対策


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -