レビュー
» 2008年07月17日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:従来のBI環境がうまくいかないのはなぜか

従来のBI環境は果たして効率的といえるのか? 基幹系と情報系を統合するシングルプラットフォームの実装により、高度な情報活用を実現できるソリューションの仕組みとは? (提供:日本アイ・ビー・エム)

[PR/ITmedia]

 BI(Business Intelligence)ツールと一言にいっても、分析、クエリ、レポーティング、ダッシュボード、スコアカード、イベント管理などさまざまなツールが存在する。部門やニーズごとにこれらのツールを異なるベンダーからばらばらに導入した結果、統合度が低く管理性の悪いBI環境に陥っていないだろうか?

 BIツールの利用が一般ビジネスユーザーにまで広がり、いわゆる「オペレーショナルBI」への需要が高まる今、各種ツールの標準化とデータ流通基盤の整備が急務となる。さらに、マスターデータ管理の実装も欠かせない。BIの構成要素であるBIツール、データウェアハウス、情報統合、MDM、これらすべてを備えた総合的な情報基盤こそ、次世代BI環境実現の要となる。本ペーパーでは、総合的な情報基盤を構築するために有効なソリューションを紹介し、その技術や機能を説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -