ニュース
» 2008年07月18日 11時59分 UPDATE

仮想化で管理コスト削減:富士通、Windows Server 2008搭載のPCサーバ7機種を発売

富士通は、PCサーバ「PRIMERGY」にサーバOS「Windows Server 2008」を搭載した新製品7種類を発売した。

[ITmedia]
image PRIMERGY TX150 S6

 富士通は7月17日、PCサーバ「PRIMERGY」にサーバOS「Windows Server 2008」を搭載した新製品7種類を発売した。

 発売したのは1WAYタワー型サーバ「PRIMERGY TX150 S6」1機種と、2WAYタワー型サーバ「PRIMERGY TX300 S4」6機種。Windows Server 2008を搭載することで、仮想化機能などを利用でき、管理コストの削減が可能となる。

 価格は、TX150 S6(73Gバイト SAS HDD×1)が26万5000円(税抜き)、TX300 S4(73Gバイト SAS HDD×2)が43万9000円(税抜き)。あらかじめOSを組み込んだインストールタイプ、OSとハードウェアを組み合わせて提供するバンドルタイプを用意している

 今後は、PRIMERGYシリーズの別機種にWindows Server 2008を搭載したモデルについて、2008年度下期に提供を開始するという。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -