ニュース
» 2008年07月22日 19時22分 UPDATE

コンテンツを独自制作:「Yahoo!ショッピング」のAPIが公開

ヤフーは、インターネットショッピングサービス「Yahoo!ショッピング」のAPI3種類を公開した。

[ITmedia]

 ヤフーは7月22日、インターネットショッピングサービス「Yahoo!ショッピング」のAPIを公開した。ユーザーは、Yahoo!ショッピングの商品データベースと各種機能を活用したアプリケーションやコンテンツを独自で作成できるようになる。

 「商品検索API」は、約1500万の商品から、キーワードやJANコード、ISBNコード、製品ID、人物ID、ブランドIDといった項目で商品検索ができるAPI。「カテゴリランキングAPI」は、Yahoo!ショッピングにある約8500のカテゴリーごとの売り上げランキング、年代別の売り上げなどを取得できる。「カテゴリーID取得API」は、Yahoo!ショッピングの最新カテゴリー情報が得られる。

 ヤフーは、2005年12月よりインターネット関連の開発者向けにポータルサイト「Yahoo! JAPAN」の技術仕様を無料で公開するサービス「Yahoo!デベロッパーネットワーク」を運営しており、「Yahoo!検索」や「Yahoo!地図」など14種類のAPIを公開している。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -