ニュース
» 2008年07月23日 18時53分 UPDATE

SaaS形式で提供:日立ソフト、Salesforceと基幹システムを連携するサービス

セールスフォース・ドットコムのCRMアプリケーション「Salesforce」と各種基幹システムを連携する。

[ITmedia]

 日立ソフトウェアエンジニアリングは7月23日、セールスフォース・ドットコムのCRM(顧客関係管理)アプリケーション「Salesforce」と各種基幹システムを連携するサービスの提供を開始した。SaaS(サービスとしてのソフトウェア)形式で提供する。

 同サービスの名称は「SaaSWare DataLoader」という。基幹システムとSalesforceを連携するさまざまなコネクターを用意しており、専用のユーザーインタフェースからアプリケーションやデータベースの連携が簡単にできる。

image SaaSWare DataLoaderの利用イメージ

 これまでSalesforceと基幹システムを連携するには、SaaSの特性を理解し、SalesforceのAPIの知識を持つ技術者が専用のプログラムを開発する必要があった。同サービスを利用すると、プログラミングの専門知識を持たなくても、システムの連携ができるようになる。

 連携にはインフォマティカ・ジャパンのデータ統合基盤「PowerCenter」を活用。リポジトリによるメタデータの一元管理や大量データの高速処理ができる。

 価格は月額68万2500円から。初期導入費用は除く。初年度に1億円の売り上げを目指す。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

Salesforce.com | 基幹システム | CRM


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -