レビュー
» 2008年07月29日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:データセンターのパフォーマンス測定手法のガイドラインと比較

データセンターの運用パフォーマンスを測定する枠組みがあれば、計画の立案や意思決定を促し、設計や設置を明確かつ論理的に説明することができる。しかし、現在のティアレベルによる手法では正当と認められる仕様が提示されていない(提供:APCジャパン)。

[PR/ITmedia]

 可用性、信頼性、平均故障間隔(MTBF)などの用語は、データセンターのパフォーマンスを説明する際に同じ意味で使用されていることがよくある。これらの用語はパフォーマンスを定量的に評価する尺度だが、データセンタの管理者がこのような値を計算するのは困難だ。これに変わる簡単なアプローチとして、データセンターのパフォーマンスを「ティア」または「重要度」のレベルに分類する方法がある。

 このホワイトペーパーでは、重要度という語を、データセンターのパフォーマンスを主観的に説明するために使用し、重要度を指定するための3つの一般的な手法について説明および比較する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -