ニュース
» 2008年07月30日 08時00分 UPDATE

三菱電機、仮想化技術を標準搭載した新基幹業務サーバを発表

三菱電機は仮想化技術を搭載した基幹業務サーバの新シリーズの提供を開始する。

[ITmedia]
tosugiura0729Mitsubishi.jpg CENTRAGE VS700

 三菱電機は7月29日、販売管理や生産管理、経理などの業務システムを統合して管理する基幹業務サーバの新シリーズを、7月31日に発売すると発表した。仮想化技術を搭載しており、企業内のPCサーバなどを容易に統合できる。

 新製品は「三菱電機データセントリックソリューション CENTRAGEシリーズ」。VM-EntranceとWindows サーバの合計2台を統合できるフロアスタンドモデル「CENTRAGE VS600」と、サーバを4台まで統合できるラックマウントモデル「CENTRAGE VS700」の2種類がある。双方とも、リソース設計やパフォーマンス評価、仮想マシン構築といったサーバの統合に必要な仮想化技術を搭載している。

 統合したサーバのシステム連携はCENTRAGE VS700のみで可能で、オプションのデータセントリックソリューションユニットのソフトウェアを追加することで可能となる。アプリケーションやデータの連携ができ、システムをまたがるデータ活用が可能になる。

 価格はCENTRAGE VS600が315万円から、CENTRAGE VS700が493万5000円から。製造と販売、保守を三菱電機インフォメーションテクノロジーが請け負う。年間1500台の売り上げを目指す。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

サーバ | 仮想化 | 三菱電機


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -