ニュース
» 2008年08月05日 17時51分 UPDATE

管理者側でポリシー設定:SaaS型Webメール「feedpath Zebra」の管理機能が強化

管理者が社内のポリシーに合わせたセキュリティ設定を実施できるようになった。

[ITmedia]
image 管理画面のイメージ

 フィードパスは8月5日、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)型Webメールサービス「feedpath Zebra」の管理者機能を強化したと発表した。

 機能強化により、管理者側で社内のポリシーに合わせたセキュリティ設定を実施できるようになった。具体的には、添付ファイルのダウンロードやパスワードのルール設定、電子メールの転送や受信間隔の設定などができる。

 従来のバージョンでは、アカウントの登録や初期パスワード設定、メーリングリストの作成などの基本的な管理機能は備えていたが、添付ファイルの取り扱いやパスワードルールの設定といった機能の管理はフィードパス側でしかできなかった。

 価格は10〜100ユーザーの場合、1ユーザー当たり月額1575円。101以上のユーザーの場合は月額1260円となる。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

運用管理 | Webメール | フィードパス | SaaS


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -