連載
» 2008年08月08日 19時55分 公開

オルタナブログ通信:あなたのブログは何歳? 「ブログ通信簿」に見るブログブームの現在 (2/3)

[森川拓男,ITmedia]

iPhoneでケータイ市場は変わるか

 iPhoneが発売されて、一カ月近く経過しようとしている。8月5日には、新たな料金プランも発表され、よりリーズナブルに使えるようになった(関連記事)

 そんな中、ケータイ端末市場について考察したのが、岩下仁氏「グローバリゼーションの処方箋」日本携帯端末市場は成熟期か? − Is market matured ?−というエントリーだ。iPhoneという「黒船」が登場して、日本のケータイ市場は明らかにひとつの転換期を迎えている。

 とはいっても、まだタッチパネルケータイに不安を覚える人もいることだろう。林雅之氏「『ビジネス2.0』の視点」タッチパネル携帯はどれくらい普及? では、「ワイヤレスジャパン2008」という展示会の様子を紹介。ユーザーの反応から、今後タッチパネルが普及していくことは間違いないだろうという予測を立てている。さらに林氏はAndroid対応の電子辞書が発売されればおもしろいという投稿もしており、確かに興味深い内容であった。

 渡部弘毅氏「新価値創造プロジェクト」iPhoneを活用した京都観光サービスは、なかなか面白いアイデアだ。このビジネスモデルが果たして実現するのかどうか注目したい。

 また、松尾公也氏「CloseBox and OpenPod」iPhoneにセカンドライフがやってくる件では、セカンドライフがiPhoneで使えるようになるという話を。いまいち盛り上がらないセカンドライフだが、iPhoneから利用できるようになれば、松尾氏のいうように変わっていくかもしれない。

 少し変わり種は、佐々木康彦氏「平凡でもフルーツでもなく、、、」失敗作、、、巨大iPhoneもどき。個人的にはけっこう好きなエントリーだ。どんなものかは、ぜひエントリーを見て欲しい。

 そしてiPhoneアプリの開発も行っている小川浩氏「Speed Feed」iPhoneプラットフォーム市場について・・・は、iPhoneの今後を占う内容となっている。これからどのように進んでいくのか、注視していきたい。

巨大なメディアと化したGoogle

 Googleといえば8月4日に日本の街路写真が追加された「ストリートビュー」がホットである(関連記事)。この話題に関しては、次回、オルタナブロガーの反応と共にお伝えしたい。

 Googleの新サービスはストリートビューだけではない。

 新倉茂彦氏「新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ」巨大メディアGoogleが、知識を支配する日でも取り上げられた、Google版Wikipedia「Knol」。巨人Googleが登場したことで、どのような形になっていくのか。ただ、新倉氏が懸念するように、依存するようになってしまうと怖いなと感じたのも事実だ。すでに、Googleが情報検索に欠かせないものになっているように。

 そしてGoogleは、さらに広がろうとしていた。ITmedia海外速報部・広瀬麻子氏「海外速報部ログ」GoogleがDigg買収のうわさと、Digg買収は成らず? 次のGoogleの標的は? にあるように、Diggを買収しようとしたのだが、最終的には断念したようだ。しかしすでに次のターゲットは決まっていて、「WebコンシェルジェサービスのRearden Commerce」であるとか。

 インターネット界の巨人として君臨するGoogleの今後から、しばらくは目を離せない。

早くもWindows 7の次が?

 Windows Vistaの次がWindows 7と名付けられていることは知っていたが、すでにその次の開発も進められているようだ。ITmedia海外速報部・澤由紀子氏「海外速報部ログ」Windows 7の次はMidori? によると、その開発コードは「Midori」。確かに、澤氏が指摘するように日本語由来のにおいのする開発コードだ。

 ……と思ったら。コメントではMS-DOS、Windowsときて、その次のOSが「Midori」だという。果たして真相は……?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -