ニュース
» 2008年08月12日 15時03分 UPDATE

CPUの使用率を自動で最適化:日商エレ、サーバ仮想化ソフト「Virtual Iron」の最新版を発売

日商エレクトロニクスはXenベースのサーバ仮想化ソフトウェアの最新版を発売した。CPUの使用率を自動で最適化する機能を新たに搭載している。

[ITmedia]

 日商エレクトロニクスは8月12日、オープンソースの仮想化ハイパーバイザー「Xen」ベースのサーバ仮想化ソフトウェア「Virtual Iron4.4」を発売した。USBから仮想化ソフトウェアを起動できる無償版「Virtual Iron(Single Server Edition)」の提供を9月末に開始することも併せて発表した。

 Virtual Iron4.4では、サーバの消費電力量を自動的に最適化する電力管理機能「LivePower」を新たに追加。LivePowerは仮想マシンのCPUを監視し、使用率があらかじめ設定したしきい値を超えると、物理ノードの電源を入れ、そこに仮想マシンを移動して、しきい値を超えた方の電源を自動的にオフにすることができるため、消費電力を減らすことが可能となる。

 Virtual Iron(Single Server Edition)は、1台のサーバ上で仮想マシンの作成や仮想環境の管理ができる機能を持つ。仮想化ソフトウェアをUSBから起動できるため、サーバ統合が簡単にできるほか、リソースの利用率や消費電力量の改善、機器を設置するスペースの節約などが可能となる。

 価格は1ライセンス/CPUソケット当たり24万8000円。2ライセンスから販売する。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

仮想化 | サーバ | サーバ仮想化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -