ニュース
» 2008年08月12日 19時58分 UPDATE

ユーザーが求める情報を自動表示:フォートラベルの旅行口コミサイトにリコメンド機能を追加

フォートラベルは、旅行情報サイトにリコメンド機能を導入した。ユーザーの動向を分析し、ニーズに合った施設の情報を自動的に提供する。

[ITmedia]

 フォートラベルは8月11日、自社が運営する旅行総合情報サイト「旅行のクチコミサイト フォートラベル」の国内ホテル宿泊施設ページに、リコメンド機能を導入したと発表した。

 同リコメンド機能は、ユーザーの行動履歴の統計を解析し、ニーズに合ったコンテンツをユーザーが閲覧するサイトに表示していくもの。コンテンツのデータがASPサーバに登録されると、Ajax(Asynchronous JavaScript + XML)技術を用いてリコメンド情報を呼び出す。ユーザーは自動的に情報を受け取ることができる仕組みだ。

tosugiura08124t.jpg リコメンド機能による情報を表示した画面

 フォートラベルのサイトでは、宿泊施設を閲覧するユーザーの行動履歴を分析し、ニーズに合った宿泊施設の情報とユーザー評価をリコメンド情報として提供する。宿泊予約サイトや、旅行会社の宿泊プランを一覧で表示するため、ユーザーはプランごとの価格情報などを比較できる。直近で閲覧した宿泊施設の情報も表示する。

 リコメンド機能は、ケイビーエムジェイがASP(ソフトウェアの期間貸し)形式で提供する「パーソナライズド・レコメンダー」を導入した。同製品はインターネット通信販売サイトなどで導入されている。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

レコメンデーション | 旅行 | ASP | Ajax


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -