ニュース
» 2008年08月13日 12時55分 UPDATE

Oracle CRM On Demandを活用:アライドテレシス、オラクルのCRMで顧客管理システムを刷新

スイッチ製品の開発と販売体制の強化を目的に日本オラクルのCRMを採用し、顧客管理システムを刷新した。

[ITmedia]

 日本オラクルは8月13日、ネットワーク機器専業のアライドテレシスホールディングスが顧客関係管理(CRM)アプリケーション「Oracle CRM On Demand」を導入し、顧客管理システムを刷新したと発表した。

 アライドテレシスはコアスイッチ製品の開発と販売体制の強化を目的にシステムの刷新。同社はネットワーク製品を代理店経由で販売しており、それぞれの店舗における顧客情報やニーズを把握しにくい環境だった。世界規模で事業を展開しており、各国の事業所がおのおのの方法で顧客情報を管理していたため、全社的に統合された顧客管理システムの導入を検討していた。

 システムの刷新にはOracle CRM On Demandを活用した。製品ごとのサポートサービスを前売りチケットとして販売する「サポートチケット」の利用で顧客企業がWebサイトから登録した情報を活用し、保守契約の手続きや商談ができる仕組みを構築した。スイッチ製品「x900シリーズ」の問い合わせ内容の履歴を記録し、サポートサービスの拡充や製品開発にも役立てているという。

 新システムは6月に稼働を開始し、営業やサポート、製品開発にかかわる約300名の社員が利用している。アライドテレシスは今後、Oracle CRM On Demandを全拠点に導入し、顧客情報の効率的な収集と管理の一元化を進めるとしている。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -