ニュース
» 2008年08月14日 19時28分 UPDATE

業務の処理時間を短縮:CTCが金融業界向けグリッドソフトを販売

CTCは金融システム向けグリッド製品を販売する。他社製のグリッド製品を組み合わせることで、金融業界に最適なグリッドコンピューティング技術を提供できるようになった。

[ITmedia]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は8月14日、プラットフォームコンピューティングと販売代理店契約を結び、金融システム向けグリッドソフトウェア「Platform Symphony」の販売を7月に開始したと発表した。契約の狙いは、日本の金融業界へグリッドコンピューティング技術を展開すること。

 金融業において、製品やサービスの価格の決定やリスク分析などでは、処理時間の短縮が求められる。そのため、複数のコンピュータを連携して1台の大型コンピュータのようにして使うグリッドコンピューティング技術の利用が増えている。

 CTCは今年の3月に米GemStone Systemsと代理店契約を結び、金融システム向けのグリッド製品を販売している。同製品は、複数のコンピュータにデータを配置する機能を持つ。この機能とPlatform Symphonyの計算機能を組み合わせることで、金融業界向けに最適なグリッドコンピューティング技術を提供できるようになった。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -