レビュー
» 2008年08月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:プロジェクトコストを最適化する品質管理のアプローチ

ソフトウェア品質の管理とは、コストや納期のバランスを考えながら最適な品質を実現することを意味する。しかし、実際の開発における品質管理というと、何をどうすればよいのか分からないという人も多いのではないだろうか(提供:日本ヒューレット・パッカード)。

[PR/ITmedia]

 2008年7月17日に開催された「ソフトウェアテスト・ミーティング2008」で好評を博した日本HPの講演資料。

 開発プロジェクトのコストを最低限に抑え、かつ品質を確保および向上させるために何をすべきか? 「プロジェクトコストを最適化する品質管理のアプローチ」と題して、日本HPの提唱するソフトウェア品質管理のアプローチと、それを支援するツール「HP Quality Center」を紹介。アプリケーション品質の向上、テストの効率化およびテスト期間の短縮、メンテナンスの容易さなどといった効果をもたらすためには、ツールにどのような機能が必要となるのか。どのように使いこなせばよいのかを解説していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -