レビュー
» 2008年08月25日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:FAX ASPはもう古い!? SaaS型サービスを利用した帳票自動配信とは

基幹システムから一般オフィス業務まで利用されるFAX運用。 SaaS型サービスを利用することで自社FAXサーバや専用線などのインフラを不要にし、運用コストを大幅に削減し生産性を上げる手法を、導入事例を交えて紹介する(提供:コクヨS&T)。

[PR/ITmedia]

 基幹システムリプレイスに合わせてこれまで利用してきた「自社運用FAXサーバ」を廃止しASPサービスを利用する企業が増えている。理由として、FAXサーバの機器や運用など人・モノにかかるコストが非常に大きいことがある。一方で実際に改善するのはASPサービスと接続したシステムに付随する業務プロセスに限られるという事実もある。

 もっと幅広い企業内業務プロセスに柔軟に対応できるFAXサービスはないものか? そんな要望に応えられるサービスを紹介したい。

 SaaS型サービス「@Tovas」は、企業内で利用している既存の電子帳票システムと簡易にプログラムレスで連携、FAXの自動配信化が可能だ。またExcelやファイルメーカー等の業務アプリとの連携もボタン一つでFAXが送信できる。運用面もFAXエラー処理や負荷分散処理など機能も多彩で安心だ。更にFAXから電子ファイル配信に切り替えることも容易で、電子メール添付ではない暗号化した通信による帳票配信も追加コストなく利用できる。このような柔軟に対応できるSaaS型サービス「@Tovas」について紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -