レビュー
» 2008年08月25日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:性能余剰時代にサーバ仮想化技術が果たす役割

IDC Japanが行った複数の調査結果に基づき、国内企業が直面しているIT基盤の課題とサーバ仮想化技術が果たす役割について解説する(提供:アイティメディア)。

[PR/ITmedia]

 今、企業が直面している最も大きなIT課題は「IT基盤の簡素化」だという。2007年4月にIDC Japanが行った「国内CIO調査」では、管理対象サーバの増加が運用管理コストを押し上げ、新規投資を行うための予算や人的リソースの確保を困難しているという結果が出ている。

 このWebキャストでは、複数の調査結果に基づき、IT基盤の簡素化を求める企業事情とその背景、そして解決策として浮かび上がってきたサーバ統合や仮想化技術といったソリューションの今後を、「x86サーバ」「マルチコア化」「CPUリソース」などのキーワードとともに解説する。

コスト削減や効率的なIT投資を目指す企業担当者に参考となる統計データが満載だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -