ニュース
» 2008年08月26日 18時30分 UPDATE

国内ERP市場規模予測を発表 IDC

IDCの調査によると、2007年の国内企業ではJ-SOX法への対応からグループ経営が加速し、会計モジュールを中心にERPの導入が進んだことが分かった。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは8月26日、2007年の国内ERP(統合基幹業務システム)市場規模実績と2008年〜2012年までの予測を発表した。これによると、2007年の国内ERP市場規模は8935億円で、前年比5.4%のプラス成長となった。今後は年間平均で4.3%成長し、2012年には1兆1022億円に達する見込みだ。

 2007年の実績内訳について、セグメント別ではソフトウェア市場が2199億円、サービス市場が5644億円、そのほかが1092億円となった。産業分野別でERPへの投資額の割合をみると、製造業は58.0%、流通業は14.2%、運輸/サービス業が8.6%となった。これまで製造業が中心となりERP市場をけん引してきたが、日本版SOX法など内部統制への対応を背景に、流通業やサービス業での導入が活発になってきた。

 ERPパッケージの機能別の売り上げ内訳は、財務会計が44.4%、人事給与が22.9%となり、2機能で全体の6割以上を占めた。ユーザー企業では財務会計機能に加え、生産管理や販売管理といったオペレーション領域においても積極的にERPを活用する動きが見られた。

関連キーワード

ERP | IDC | 経営 | 会計 | 財務会計 | SOX法 | IT投資


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -