ニュース
» 2008年08月26日 20時14分 UPDATE

ユーザーが「本当に欲しい物」を提示:ロングテール商品に対応した自動推薦機能――ECサイト「ハピネット・オンライン」に導入

ECサイト「ハピネット・オンライン」に「おすすめ商品」を表示する機能が搭載された。人気商品群からだけでなく、ロングテールの商品群からも商品を推薦するのが特徴という。

[ITmedia]

 玩具やテレビゲーム、DVDなどを販売するECサイト「ハピネット・オンライン」を運営するハピネット・オンラインは8月26日、同サイトに、商品を自動的に“オススメ”するリコメンド機能を実装したと発表した。ユーザーがアクセスする商品詳細ページに「この商品を見た人はこんな商品もチェックしています」と表示する。

 導入した製品は、ソフトウェア開発のサイジニアが提供するリコメンドエンジン「デクワス」。ユーザーの行動履歴を基に、似たような行動履歴を持つユーザーや似たような属性の商品のグループを生成、グループの趣向を分析して商品を提示する。アクセス数や購入履歴の多い商品だけでなく、ロングテールと呼ばれる販売数は少ないが多数存在する商品群も対象とする。

 サイジニアによれば、「デクワスは、少数の人の多種多様な行動も分析するのが特徴」としており、同社の吉井伸一郎社長は「多くの商品群から商品を推薦するため、ユーザーは、人気商品や売れ筋といった情報に引きずられることなく、自分のニーズに合った商品の情報を知ることができる」とコメントする。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -