レビュー
» 2008年09月02日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:組み込み機器にUSBメモリを接続するときの注意点

組み込み機器にUSBメモリを接続するには幾つかの検討すべきポイントがある。本来PCに搭載されているUSBホスト機能は組み込み機器にはハードルが高い。コントローラーやプロトコルスタックの選定には注意が必要だ(提供:東電ユークエスト)。

[PR/ITmedia]

 カーナビやテレビのほか、ミシンや電子楽器までUSBメモリを接続してPCとのデータ交換を手軽に行うようになっている。ログの取得やファームウェアアップデートにも使える便利なUSBメモリだが、本来PC上に搭載されているUSBホスト機能と、PC互換のファイルシステムを実装しなくてはならない。

 このホワイトペーパーでは、USBホストコントローラーにも組み込み用が出そろってきていることと、それぞれのタイプによる違いや実装上の問題点を解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -