ニュース
» 2008年09月05日 11時00分 UPDATE

Red Hat、デスクトップ仮想化のQumranetを買収

Qumranetは、サーバ上の仮想マシンでWindowsおよびLinuxの仮想デスクトップを走らせる製品を手掛ける。

[ITmedia]

 Linuxベンダーの米Red Hatは9月4日、仮想化ベンダーQumranetの買収を発表した。買収額は1億700万ドルに上る。

 Qumranetは、KVM(カーネル仮想マシン)プラットフォームや仮想デスクトップインフラ(VDI)のSolid ICEなどの仮想化製品を手掛けている。KVMはLinux向けに仮想化および擬似仮想化機能を提供するオープンソースソフト。Solid ICEはデータセンターのサーバ上にあるKVM内で、仮想デスクトップを走らせる製品。WindowsおよびLinuxの仮想デスクトップを走らせることができる。Red Hatは買収により、仮想化への取り組みを前進させ、Windowsデスクトップを管理するための仮想化ソリューションを拡張できるとしている。

 Red Hatは、今回の買収が今会計年度(2009年2月28日締め)の売上高を大きく増やすことはないが、翌年度には最大で売上高を2000万ドル上乗せすると見込んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -