ニュース
» 2008年09月05日 12時48分 UPDATE

インターコム、流通BMS対応のEDI通信ソフトを発売

インターコムは流通BMSに対応するEDI通信ソフトウェアの新製品を開発し、9月12日に販売を開始すると発表した。

[ITmedia]

 通信ソフト開発のインターコムは9月2日、流通業界における次世代EDIガイドラインといわれる「流通BMS(JX手順)」に対応し、販売管理システムと連携するEDI通信ソフトウェアの新製品を開発し、9月12日に販売を開始すると発表した。

 新製品は「Biware JXクライアント」。公衆回線を利用することで、コストや通信速度の問題を解決できる。25年以上にわたって利用されてきたEDIは、メッセージフォーマットの不統一が原因で取引業務データを変換処理する際のシステム改変コストが掛かるなど、問題点が指摘されている。2007年4月に流通業界の新しいEDI標準ガイドラインとして公開されたのが流通BMS。

 Biware JXクライアントの価格は8万9250円。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -