レビュー
» 2008年09月08日 16時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:月200万通のメール量を高速処理するウイルス/スパム対策アプライアンス

ネットマークスが、1万5000ユーザー規模SaaS型コニュニケーションサービスの開始に当たって採用したアンチウイルス/アンチスパムアプライアンス製品の導入経緯を紹介する(提供:図研ネットウエイブ)。

[PR/ITmedia]

 ネットワークインテグレーションとサポートサービスのソリューションベンダーであるネットマークスは、SaaS型コミュニケーションサービス「Office Planet」を2008年3月に開始した。電子メールのほかにスケジュール管理や文書管理などもWebブラウザで利用できるOffice Planetは、企業だけでなく大学などの教育機関からの引き合いも多いという。

 サービス開始当初より、1万5000ユーザー規模で展開されたこのサービスのメールセキュリティを支えるのは、月200万通というメール流量でも高速で処理できるWedgeNetworksのアンチウイルス/アンチスパムアプライアンス「BeSecure」である。なぜ同製品を採用したのか? BeSecureの選択ポイントや導入経緯、メリットなどを解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -