レビュー
» 2008年09月09日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:低コスト・ハードウェアで機能性&可用性向上 グリッド型アプローチの活用シーン

ハードウェア面ではなくソフトウェア面からの機能向上を図ることで、コストを抑えて高速レスポンスと高スケーラビリティを実現する「Oracle Coherence」の概要を紹介する(提供:日本オラクル)。

[PR/ITmedia]

 大量のサーバを抱える企業は、積み重なる運用コストや予想外の障害といった課題に悩まされている。機能や可用性を向上させるための施策の1つがハードウェアの増設だが、ひたすら増設してもコストが掛かるばかりだ。さらに、スペースも不足する。そこで活用すべきが、ソフトウェア面から行える性能向上だ。

 このホワイトペーパーでは、日本オラクルが提供する「Oracle Fusion Middleware」のコンポーネントであるインメモリデータグリッド製品「Oracle Coherence」について、システムと技術の概要、実際の顧客事例およびその導入効果、検証結果などを解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -