ニュース
» 2008年09月10日 18時16分 UPDATE

店頭の顧客を囲い込み:電子POPの表示でアフィリエイト収入 ソフィアが新サービス

電子POP端末で表示する動画広告とアフィリエイトを組み合わせたサービスを、ソフィアモバイルが展開する。

[ITmedia]

 ソフィアモバイルは9月10日、店舗に設置した電子POP端末からアフィリエイト収入が得られるサービスの提供を開始した。

 同サービスは、ソフィアモバイルが提供する電子POP端末「nanica」シリーズのディスプレイに配信する動画広告に、会員情報や商品を紹介するモバイルサイトのリンク先を設定しておく。ユーザーがnanicaに搭載されたICカードリーダに携帯電話をかざすと、登録したリンク先のサイトを閲覧できる。閲覧したサイトを通じて会員登録や商品が購入されると、ソフィアモバイルがアフィリエイト収入を店舗側に支払う仕組みだ。

 nanicaを導入する店舗は、管理システムを通じて配信する広告を選び、配信スケジュールを決定できる。利用者がかざした携帯電話のログ解析も可能だ。広告主の開拓、電子POP端末の設置、広告の運用はソフィアモバイルが担当する。

電子POPに広告を配信、アフィリエイトと連動 電子POP端末とアフィリエイトを連動させた新サービスのイメージ

 同サービスを利用することで、アフィリエイト広告を展開する事業者は、店舗の立地や店舗を実際に利用する顧客の属性に訴求した広告を展開できるようになる。

 同社は、スーパーマーケットやドラッグストア、外食チェーン店、各種アミューズメント施設などに同サービスを売り込んでいく。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -