レビュー
» 2008年09月11日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:故意の情報漏えいを防止する2つの方策

故意の情報漏えいを防止するため、エンドポイントのセキュリティ強化を実現する低廉な2ソリューションを紹介する(提供:ユーグリッド)。

[PR/ITmedia]

 シンクライアント導入メリットの1つは情報漏えい対策だ。PCが持つ機能やデータをデータセンターに隔離し、利用者はオフィスに置いた専用端末からアクセスする。データはセンター内にあるため、正規利用者の故意の情報漏えいも防ぐことができる。ただし、同時に大量のサーバと端末の新設のため、高額な初期投資が必要となる。その上、既存のPCが不要になるのも省資源に逆行する。

 そこでPCからデータを分離し、センターに強制保存することで既存PCにシンクライアントと同等のセキュリティを与えるソリューションに注目したい。

 このホワイトペーパーでは、ユーグリッドが提供する「Eugrid SecureClient」と「Eugrid DiskFort」を紹介する。Eugrid DiskFortは、市販のUSBメモリで正規利用者が起こす漏えいを防止するソリューション。いずれの製品も、エンドポイントの強力な漏えい防止になる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -