ニュース
» 2008年09月17日 14時26分 UPDATE

日本HPとSAPジャパン、エンタープライズSOAの導入支援で協業

2社は、ERPからエンタープライズSOAの移行を促進し、インフラからアプリケーションまでの導入を支援するコンサルティングサービスを開始すると発表した。

[ITmedia]

 日本HPとSAPジャパンは9月17日、企業のSOA(サービス指向アーキテクチャ)導入を推進するため、コンサルティング分野で協業を開始すると発表した。

 2社で「エンタープライズSOA」の導入を支援するコンサルティングを実施する専任チームを設置し、顧客企業に共同で販売促進活動を行う。エンタープライズSOAに必要となる技術の習得とロードマップの策定を支援するサービス「Enterprise SOAワークショップ」も開始する。

 コンサルティングには、日本HPのSOAシステム構築サービス「HP SOA 7 Service」とエンタープライズSOA移行の方法論をまとめたSAPジャパンの「Methodology of Accelerated Transformation to Enterprise SOA」を活用する。

 両社はERPからエンタープライズSOAシステムへの移行を手掛け、アプリケーションからインフラまでの導入を支援する。価格はEnterprise SOAワークショップが200万円から。製造業、流通業、金融業などにサービスを売り込む。

 協業の開始にあたり、日本HPの市ヶ谷本社内にある「SOAコンピテンシー・センター」の中に「Enterprise SOAエクスパティーズ・センター」を開設したことも併せて発表した。ここでは、SOAを導入した後のIT環境を体験できるデモンストレーションを用意しているほか、SAPのアプリケーションを日本HPのSOA対応インフラ上でSOA化した場合の使い勝手を体験できる。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

SOA | SAP | HP | ERP | インフラストラクチャ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -