レビュー
» 2008年09月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:データ保護からビジネスの継続性の確立へ 〜ディスクバックアップの落とし穴〜

重要なデータの保護やビジネスの継続性維持は、企業にとって非常に重要な課題となっている。バックアップテクノロジーのベストプラクティスを解説する(提供:日商エレクトロニクス)。

[PR/ITmedia]

 内部統制やコンプライアンスが頻繁にうたわれている中、企業内データの保護およびビジネスの継続といったニーズは非常に高まっている。

 バックアップ装置の仮想化が2001年に始まりはや7年になる。このホワイトペーパーでは、世界初の仮想テープライブラリ装置「VTLAシリーズ」をリリースした日商エレクトロニクスが、NetAppの仮想テープライブラリ「NearStore VTL」を用いた最新のデータ保護手法を、製品の特長や機能を交えて紹介する。ビジネスの継続性を強く意識した高性能バックアップを確立するために、同製品はどのような進化を遂げたのか。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -