ニュース
» 2008年09月19日 16時43分 UPDATE

日立、科学技術計算向けサーバの新版 理論ピーク性能1.28TFLOPS

1ノードにPOWER6プロセッサを最大32個、最大1Tバイトのメモリを搭載できる「SR16000」シリーズの新版を日立が発売した。理論ピーク性能は1.28TFLOPS。

[ITmedia]
image

 日立製作所は9月19日、流体解析や衝突解析、気象予測といった科学技術計算分野向けサーバの新モデル「SR16000 モデルVL1」を、9月22日に発売すると発表した。価格は個別見積もり。

 SR16000 モデルVL1は、1ノードにPOWER6プロセッサ(5.0GHz)を最大32個、最大1Tバイトのメモリを搭載できるスーパーコンピュータシステム。大容量メモリを共有した多数のプロセッサ間で処理を分担できるため、大規模な行列計算や数値シミュレーションなどの演算の処理に適している。1ノード当たりの理論ピーク性能は1.28TFLOPSで、既存モデル「SR16000 モデルL2」の約2倍を実現。OSにはAIXを採用した。

 ベクトル機を使うユーザーには、システムの導入や構築などのサービスや、プログラム環境に応じたチューニングサポートなどを実施するとしている。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

スーパーコンピュータ | POWER | POWER6 | AIX


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -