ニュース
» 2008年09月24日 14時55分 UPDATE

2ちゃんねるや価格.comの風評も分析 CGMの口コミ分析サービス開始

CGM上の口コミを専門のアナリストが目視で監視し、分析結果を企業に提供するサービスをトランスコスモスが開始した。風評被害や誹謗中傷を防ぎ、消費者の本音をマーケティングに生かせる。

[ITmedia]

 トランスコスモスは9月24日、インターネット上の掲示板やブログ、ホームページなどのCGM(Consumer Generated Media)に投稿される製品、サービスの口コミを確認し、注目度に応じて企業に報告するサービスの提供を開始した。

image CGMクチコミモニタリングサービスの概要

 同サービスは「CGMクチコミモニタリングサービス」という。Webサイトに集まった口コミを監視し、注目度の高い情報のみを企業に報告するもの。ブログ分析サービスなどよりも高い精度の分析ができるとしている。アンケート調査やコールセンターへの問い合わせ以外の消費者の声を集められる。

 調査するキーワードを設定すると、2ちゃんねるや価格.com、個人のブログなどに投稿された書き込みからキーワードを含んだ文章を抽出。口コミを調査するアナリストがすべての内容を目視で確認し、Webサイトのページビューとキーワードの重要度から設定した「注目度」や「カテゴリー」に分け、注目度の高い書き込みとURLを企業に報告する。

 企業は、商品の風評を調べ、誹謗中傷を防げるほか、EC(電子商取引)サイトやオークションサイトの出品や書き込みに対する違反行為を減らせる。

 提供するサービスのメニューは3つ。指定したキーワードの前後100文字程度から注目度の高い書き込みを見つける「バリュープラン」(月額25万円から)、キーワードを含む全文を分析し、キーワードの前後の内容も把握できる「スタンダードプラン」(月額45万円から)、キーワードを含む書き込みのあるWebページ全体を調べる「プレミアムプラン」(月額60万円から)がある。対象となるキーワードは3つまで選定可能で、月間3000件までの書き込みを把握できる。初期費用はいずれも15万円から。2009年度に1億円の売り上げを目指す。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -