レビュー
» 2008年09月26日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:貴社のバックアップ体制は本当に大丈夫? 低コストでデータ保全を更に高める手法とは!

自社のバックアップ体制について、自信を持って「大丈夫だ」と言えるだろうか。コスト負担を考慮しつつ、現状のバックアップ体制をさらに強化できるツールを紹介する(提供:インターコム)。

[PR/ITmedia]

 各種サーバしかバックアップ体制を講じていない企業は少なくない。しかしそれだけで十分とは言えない。なぜなら受発注情報などの販売管理データや取引先とのメールデータなど、損失により業務に支障をきたすデータは基幹サーバからPCまでさまざまなHDDに分散しているからだ。データを守るためには網羅的な体制が欠かせないが、一方で「コスト負担」というハードルも無視できない。企業にとって最適な体制を考える時、機能面とコスト面のバランスが最も重要となるだろう。

 このホワイトペーパーでは、現状のデータ保全体制をさらに強化できるコスト負担の少ないツール「SmartHDD Manager 2.0」を紹介する。基幹サーバからPCまでさまざまなHDDの故障を一括監視でき、被害が生じる前にドライブ交換などの対応が可能。さらに、故障状況に連動するバックアップ機能も備えている。機能紹介に加え、故障監視の仕組みや価格などの情報も掲載した。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ