レビュー
» 2008年09月30日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:大規模VMware環境の構築では、ストレージに気を配るべし!

サーバ仮想化のキーポイントはストレージだ。大規模な仮想化環境を構築するに当たって、共有ストレージをボトルネックにしないためのポイントを、VMwareのアーキテクチャを交えながら解説する(提供:日商エレクトロニクス)。

[PR/ITmedia]

 サーバ仮想化技術の普及によって、これまでと比べて仮想化技術の適用範囲が大きく拡大している。しかし、仮想化環境の規模が大きくなるにつれて、共有ストレージがシステム全体のボトルネックになるケースが増えてきている。サーバ数十台規模の環境であればストレージがボトルネックになることはほとんどないが、数百台規模の環境となると、ストレージがシステム全体の足を引っ張るケースが増大する。

 このホワイトペーパーでは、世界最大クラスの仮想化環境で実績のあるVMwareと3PARの組み合わせを紹介しながら、大規模な仮想化環境を構築する上での注意点について解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -