レビュー
» 2008年09月30日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:プロジェクトの可視化を段階的に実現する「CA Clarity PPM」

企業の組織特性や業務プロセスにより、プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント実践のアプローチは様々。必要な機能から順次導入できる「CA Clarity PPM」のモジュール構成を簡単に説明する(提供:日本CA)。

[PR/ITmedia]

 経営戦略や事業目標に基づいて需要・要求を可視化し、指標に基づいて判断するポートフォリオ管理。人材・スキル・工数を管理するリソース管理。NPV(Net Present Value)やEVM(Earned Value Management)のような財務指標を追跡し、集計・分析・請求・コスト配賦する財務管理など、プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)を実現する上で、求められる機能要件はさまざまだ。

 この資料では、Webベースで利用しやすく、IT投資マネジメントやプロジェクト管理の成熟度に応じて順次導入できる「CA Clarity PPM」のモジュール構成とその概要を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -