レビュー
» 2008年10月01日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:ストレージのディスク容量を50分の1に下げる新技術

ストレージ、データ管理および情報セキュリティ業界における新興技術と製品について、書かれるESG Labのレポートから、バックアップおよびディザスタリカバリ業務の速度と信頼性を向上させる方法を探る(提供:シマンテック)。

[PR/ITmedia]

 2008年6月に作成された、ストレージやデータ管理、および情報セキュリティ業界における新興技術と製品について理解を深めるために役立つ「ESG Lab レポート」。この検証レポートでは、ESGの調査を基にデータのバックアップおよびリカバリに関する昨今の課題を述べた上で、バックアップソフトウェア「Veritas NetBackup PureDisk」の実践的な評価とテストの結果を分析する。

 評価およびテストをする上で注目されたのがデータ重複排除エンジンの能力だった。データ重複排除は、ディスクへのバックアップおよびディザスタリカバリのコストを大幅に削減する革新的な技術。同技術を実現したVeritas NetBackup PureDiskをはじめとして、シマンテックが提供するバックアップおよびリカバリソリューションファミリを検証する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -