ニュース
» 2008年10月01日 08時17分 UPDATE

ARM、IBMら4社がSoC開発で提携

ARMが、IBMを軸とするアライアンスと提携し、32nmと28nmのシステムオンチップ設計プラットフォームを開発する。

[ITmedia]

 英ARMは9月29日、米IBM、シンガポールのChartered Semiconductor Manufacturing、韓国のSamsung Electronicsの3社と提携し、high-kメタルゲート(HKMG)技術と32ナノメートル(nm)および28nmプロセスを用いたシステムオンチップ(SoC)設計プラットフォームを共同開発することを明らかにした。

 IBM、Chartered、Samsungの3社は以前から「Common Platform」技術により半導体製造プロセスを同期させ、半導体供給の安定化を図ってきた。今回の提携により、ARMはCommon Platformアライアンスに対し、ロジック、メモリ、インタフェース製品などの設計プラットフォームを開発し、ライセンス供与していく。

 ARMはまた、省電力と高性能達成を目標としたカスタマイズを行い、同社の小型CPUコアCortexシリーズに、Common PlatformによるHKMG技術を採用していく。

 Common Platformアライアンスは、今後もさらに提携先を増やし、コスト削減と製造プロセスの効率化を進めていく計画という。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -