ニュース
» 2008年10月01日 21時17分 UPDATE

AdminIT Daily News:EMC、200万円台で導入できる統合型ストレージを発表

EMCジャパンは10月1日より、NAS、iSCSI、ファイバチャネルに対応したストレージのエントリーモデルを提供する。ユーザー企業は200万円台でストレージ統合を図れるという。

[ITmedia]

 EMCジャパン(以下、EMC)は10月1日、統合ネットワークストレージシステム「EMC Celerra」シリーズに、中堅中小企業向けの低価格エントリーモデルをラインアップした。製品名は「EMC Celerra NX4(以下、Celerra NX4)」。

Celerra NX4 Celerra NX4

 Celerra NX4は、1台でNAS(ネットワーク接続型ストレージ)、iSCSIおよびファイバチャネルSAN(ストレージエリアネットワーク)環境に導入可能な設計を採用。分散したファイルサーバやストレージを、単一プラットフォームに統合できる。

 またシンプロビジョニングなどの機能や、Webベース運用環境が提供される。同製品はより上位のモデルとなる「EMC CLARiX AX4」のシステムアーキテクチャをベースとしており、EMCの発表によると「エントリーモデルとしては最高クラスの可用性と信頼性を実現した」とされる。ドライブはSATAおよびSASディスクをサポートし、最大60台、60Tバイトとなる。

 Celerra NX4は、EMCおよびパートナーから提供される。価格は次の通り。

製品名 構成 税込価格
Celerra NX4 物理容量580Gバイト(146Gバイト、1500回転のSASディスク×4) 231万円〜

関連キーワード

EMC Celerra | Fibre Channel | iSCSI | NAS | SAN | EMC CLARiX


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ